ゲームのニュースやおすすめを紹介します!

ゲームダ

戦国BASARA 真田幸村伝 LIMITED EDITION イーカプコンバナー

レビュー

『Child Of Eden(チャイルドオブエデン)』

投稿日:2011年11月16日 更新日:

Child Of Eden(チャイルドオブエデン)

このゲームを説明するのはすごく難しい。
PVをみてもたぶんどういうゲームかいまひとつわからないんじゃないかと思う。
インターフェースやキャラクターはほとんどでてこないし、むしろ音楽のPVといったほうがしっくりきそうでもある。
kinect対応の一人称シューティングゲーム。
この作品を説明するとまあこうなる。でも、実際は全くそうでない。

いや、システム上はシューティングゲームで間違いない。
右手はロックオンレーザー。 カーソルを動かして敵をなぞり、手を押し出して発射。
左手はバルカン。連射に優れていて、カーソルを当て続けて攻撃する。
敵をどんどん倒して、ボスを倒すとクリア。
と、ここまではシューティングゲームなんだけれど、体験としては全く違ったように思う。

ここまで説明しづらいのは、いままでみたことがないからだと気づく。
というかこれはゲームではなくて、アトラクションというか、「遊び」というより「芸術」といってしまってもいい気がする。
ゲームにも色々あるけれど、「体験」として見た場合、「child of eden」におけるゲームシステムは真の体験への入り口であって、その先には「感動体験」がまっている。
今までゲームをやってきて、こんな風に感じたことはなかった。
kinectにしても、本作にしても、まだまだ課題は多いけれど、確かに新時代のエンタテイメントを見た。

わかったようなわからないような感想だけど、とりあえず体験してみることを勧めたい。
感動するから。
あとプレイ後に元気ロケッツにハマってしまうのは間違いない。

(このゲームはPS3・xbox360両対応で、kinect、PSmove共に対応していますが、kinectでのみプレイしています。)

公式サイト

-レビュー -, , ,

Copyright© ゲームダ , 2017 AllRights Reserved.