ゲームのニュースやおすすめを紹介します!

ゲームダ

戦国BASARA 真田幸村伝 LIMITED EDITION イーカプコンバナー

レビュー

wii『パンドラの塔 君のもとへ帰るまで』

投稿日:2011年6月27日 更新日:

パンドラの塔 君のもとへ帰るまで

青年エンデはヒロイン、セレスの呪いを解くため塔に登り、魔物の肉を取ってきて、それを彼女に食べさせる。
鎖をつかった、攻撃や塔内部の仕掛けを動かす謎解きが新鮮で楽しい。

ある時、塔から帰ってくると風に揺れるシーツが目にとまった。
エンデが出かけている間、セレスは一人で待っているのだけれど、そこにはちゃんと生活があるのだなあと感じた。
それが、ささやかながら印象的な場面だった。

二人が暮らす監視塔は、不気味な世界観においてとても美しく平和だけれど、そこには孤独と大きな不安が確かにある。
そういった彼女が抱える思いを理解した上で、プレイヤーは塔へと向かう。

このゲームはアクションゲームであるから、主に舞台となるのはダンジョンであって、プレイヤーが楽しむだろう部分はそこなのだけれど、本作はメインの舞台となる塔だけでなく、帰るべき拠点を丁寧に描くことにも注力している。

ああそうか、塔に「行く」ことではなく「帰る」ことにも重きを置いてあるのだ、と気がついて、そこでふとパッケージを見る。
本作の副題は「君のもとへ帰るまで」であった。

丁寧で繊細な気遣いが生きる良作。

-レビュー -, , ,

Copyright© ゲームダ , 2017 All Rights Reserved.