ゲームのニュースやおすすめを紹介します!

ゲームダ

レビュー

『キャラバンストーリーズ(キャラスト)』魔導要塞”キャラバン”を率いて世界を巡れ!【レビュー】

投稿日:2017年12月24日 更新日:

『キャラバンストーリーズ』は、巨大な乗り物”キャラバン”をカスタマイズしながら冒険できるスマートフォン向けRPG。
ストーリーにマップ、システムなど、全体的にコンシューマRPGのような作りになっていて本格的なRPGといえるタイトル。
圧倒的に作りこまれたグラフィックと、膨大なプレイ要素、壮大なストーリーなどなど、RPG好きは必見です!

作りこまれた世界観と様々な種族が交差するストーリー

種族ごとに違ったストーリーを楽しめる

種族ごとに違ったストーリーを楽しめる

ゲームの基本は、ストーリーを追いながらマップを進んでいくシングルRPG。
突如空に現れた巨大な物体”エニグマ”。そこから降り注ぐ巨大な魔物に対抗するために、それぞれの種族が立ち上がるというストーリー。
ゲームが始まるとオーク、エルフ、人間、ドワーフの4つの種族から主人公を選ぶことができ、種族ごとに違った場所、違ったストーリーを楽しむことができる豪華な作り。
ストーリーをある程度進めると、他の種族ストーリーに切り替えてプレイすることができます。
登場する種族は6種族とのことですが、現在は4つの種族を選択することができます。

公式サイトではコンセプトアートを見たり、ゲーム内の楽曲を聴いたりすることができ、そのクオリティの高さを感じることができます。

広大なオープンフィールドを探索!

雰囲気のあるフィールドマップを自由に歩き回ることができる。

雰囲気のあるフィールドマップを自由に歩き回ることができる。

『キャラバンストーリーズ』の魅力の一つは、その広大なマップ。
細部まで作りこまれたマップは、スマートフォンのRPGには珍しいコンシューマRPGのような本格的な作り。
マップ上には敵が歩いていたり、アイテムが落ちていたり、クエストやアイテムをくれるNPCなど、様々な要素が用意されていて探索するのが楽しいです。
また、朝・昼・夜と風景が変化していき、マップの様子が変わるだけでなく歩いている敵や落ちているアイテムなども変化します。
ゲームを進めると、他のプレイヤーとすれ違うようになり、他のプレイヤーの戦闘を観戦したり、参戦することもできます。

仲間を編成してバトルに挑め

ガチャなどで手に入れることができる「ヒーローキャラクター」は能力値は強力ですが、手に入れたヒーローキャラクターだけで編成してしまうと苦戦を強いられることも。
飛行タイプの敵に攻撃できる魔法系のキャラクターや、回復キャラ、強化や弱体スキルを使うことのできるキャラクターなどをうまく組み合わせることで戦いやすくなっていきます。

武器にルーンをセットして能力アップ!

武器にルーンをセットして能力アップ!

『キャラバンストーリーズ』では武器があまり手に入りません。
武器を作ることもできますが、素材を集めるにも時間がかかるため新しい武器を手に入れるには時間がかかります。
武器ごとに”ルーン”をはめ込むツリーがあり、武器を強化することができるので、新しい武器を手に入れたらとりあえず”ルーン”をすべてセットしましょう。
ルーンは敵を倒したりすると手に入れることができます。

オートバトル

スキルが飛び交う激しいバトル

スキルが飛び交う激しいバトル

戦闘は、フィールド上の敵触れることで始まるシンボルエンカウント方式。
戦闘システムは、リアルタイムで進行する見下ろし視点のリアルタイムシミュレーションのようなシステムになっていて、基本的に自動でキャラクターが動いて敵と戦います。
ヒーローが全滅してしまってもゲームオーバーにはならず、後ろに控えているキャラバンが破壊されたときに敗北となります。
勝てそうもない敵や、主要なメンバーが倒されてしまったときなどは途中で戦闘を終了して逃走することもできます。

基本はオートで進行しますが、ターゲットを指定したり、スキルのタイミングや位置を指定して発動させることができます。
途中で止めて、じっくり戦況を確認したりといったことはできないので、状況を判断しながら指示を出すにはちょっと慣れが必要かも。
キャラクターを育てたり、敵に合わせて仲間を編成したりして事前の準備での対処が重要になりそうです。

巨大なボスと戦うレイドバトル。

巨大なボスと戦うレイドバトル。

ビーストを仲間にできる!

キャラバンストーリーズ ビースト

画像出典:公式サイトより

戦闘終了時に倒したビーストが仲間になることがあります。
仲間になったビーストは、パーティに編成して共に戦うことができ、他のヒーローキャラクターと同様、成長、進化、装備の変更なども行うことができます。
ビーストはヒーローキャラクターに比べると能力そのものは劣るものの、それぞれに特殊なスキルを持っているので、うまくパーティに組み込むことで活躍が期待できます。
また、ヒーローに比べると仲間にしやすいので、いろんなビーストを仲間にして試してみるのも面白いかもしれません。

仲間にできるビーストには名前の横にカゴのアイコンが付いている。

強力な敵も、麻痺などの状態異常にすることができれば優位に戦える。

キャラクターストーリーを進めて新たなヒーローを解放

アニマを集めてキャラクターを解放・進化。

アニマを集めてキャラクターを解放・進化。

ストーリーを進めていく中で他のキャラクターに出会うイベントが発生することがあります。
メインストーリーとは別のキャラクターストーリーを進めていくと、そのヒーローの”アニマ”を入手することができ、一定数の”アニマ”を集めることでヒーローキャラクターを解放し仲間にできることができます。

また、すでに解放したキャラクターのアニマを使って、キャラクターを進化させることができます。
進化させるとレベルは1に戻ってしまいますが、総合的に能力が強化され、段階に応じて見た目も変化します。

アニマやキャラクターの開放は、ガチャでも入手することができます。

ゴールドダンジョンと経験値ダンジョン

キャラクターを成長させるのに必要な経験値やゴールドを効率よく手に入れるためのゴールドダンジョンと経験値ダンジョンが用意されていて、それぞれのダンジョンに入るためのチケットをログイン時に毎日一枚もらうことができます。
ゴールドダンジョンでは”金塊”、経験値ダンジョンでは”経験値オーブ”と、アイテムとして入手できるので好きなタイミングでゴールドや経験値に変換して使えるのはうれしいところ。
ダンジョン内では、5分間の制限時間内で手にれられた分だけのアイテムを入手できます。
アイテムは落ちているものを拾うか、敵を倒すことで入手できますが、敵を避けながら落ちているアイテムを拾うか、敵を素早く倒して数を稼ぐかちょっとしたチャレンジ要素になっています。

キャラバンのカスタマイズ

かわいい見た目の魔導要塞”キャラバン”

かわいい見た目の魔導要塞”キャラバン”

本作最大の特徴はなんといっても「キャラバン」!
キャラバンは様々な機能を持つ魔道要塞で、外装には武器を、内装には様々な設備を設置することができ、強化・カスタマイズしていくことができます。

「外装」を強化して戦闘を支援!

”外装”には砲台や装甲などを配置できる

”外装”には砲台や装甲などを配置できる

キャラバンの外装には、防御能力を上げる装甲版のほかに、敵を攻撃する主砲や副砲を設置することで戦闘時に敵を攻撃することができます。
キャラバンが倒されてしまうと敗北となってしまうので、キャラバンの防御は固めておきたいところです。

また、各パーツは好きな場所に配置でき、パーツを回転させたりして、自分だけのキャラバンにすることができます。
キャラバンはマップを移動中も後ろを歩いて付いてくるので、すれ違うほかのプレイヤーに自分のキャラバンをアピールしたりするなど、いろいろな楽しみ方ができます。
ただものすごく編集しづらいので、満足いくように編集するにはちょっと根気が要りますが・・・。

「内装」を設置・強化してキャラバンレベルをアップ

キャラバンの”内装”には様々な設備を設置できる。

キャラバンの”内装”には様々な設備を設置できる。

「内装」に様々な設備を設置することでゲームの機能が追加されていきます。
たとえば、”マップ”を配置すればファストトラベルが可能になったり、”装備工房”をつくれば装備の製作が可能になるなど、新しい設備を置くたびに新しい機能が解放されていきます。
設備を強化することで、キャラバンの経験値が上昇し、レベルアップすることで新しい設備がアンロックされていきます。

設備も自由に配置を変更でき、好きにレイアウトすることができます。
とはいえ、たくさん配置し始めるとかなり使いづらくなってしまうのがなんとも。
よく使うものだけ集めておくなどの工夫が必要です。

【雑感】ハイクオリティで多彩な要素もあるが、面白さが伝わりづらいゲーム

『キャラバンストーリーズ』は全体的な作りがコンシューマRPGのように感じられるリッチでハイクオリティな作り。
雰囲気やデザインも良く、キャラクターストーリーなども作りこまれていて非常に好印象なタイトルです。
キャラバンの使い方も面白く、強化や見た目の変化など楽しみ方も多く用意されていて好印象。

ただオート移動やオートバトルなどの影響もあってか、プレイヤーが何もしなくてもどんどん進んでいってしまうので、変化が体感しづらく、何が楽しいのかよくわからないという印象です。
戦闘も自動で進行していくので、何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかが把握しづらく、勝てる敵の場合はいいですが、勝てない敵と遭遇してしまったとき、どうすればいいのかよくわからないという事態になってしまい戸惑います。

サブクエストや強い敵と戦うといった部分はある程度無視して、4つの種族のストーリーを進めていくのがいいかもしれません。ストーリーを進めていくだけでキャラクターが仲間になっていくので、ある程度キャラクターを集めていろんな戦略ができるようになると面白さがわかるかも。

シングルRPGのような作りなのに、遊び方はMMORPGに近くなっていて、”ゲームのペース”がつかみづらいのかもしれません。
また、クオリティが高い反面、バッテリーの消耗が激しいのとスマホ本体の発熱が激しいのも難点。
いつでもどこでも気軽にプレイというわけにはいかないのもつらいところです。


すごい良いんだけど、なんというか面白さがよくわからないんだよね。
そうよね。どこがダメかといわれるとわからないんだけど、面白いかといわれると・・・。
面白さを理解するのにはかなり時間がかかりそう。
そうねえ、それまでユーザが離れないといいけどね。

-レビュー -, タイトル: 販売元: 開発元:

Copyright© ゲームダ , 2018 All Rights Reserved.