ゲームのニュースやおすすめを紹介します!

ゲームダ

ニュース 無料配布

HUMBLEにて”HUMBLE FREEBIE”のイベントで4Xタイトル『Sins of a Solar Empire: Rebellion』を無料配布中!

投稿日:

4X系タイトルの、『Sins of a Solar Empire: Rebellion』がHUMBLEで無料配布中です。

多くの者たちは戦争の終結を望んでいたが、何をすべきかにおける意見の食い違いが生じ、管理していた派閥が力を失ったことがきっかけとなり、集団に亀裂が生じてしまった。

Trader Emergency Coalitionの政府軍メンバーは孤立の方針を採用し、戦争の残り期間を乗り切るために防衛を固めることに注力する。一方の反乱軍は戦争についてシンプルな考え方を持ち、平和を手にするための唯一の方法はは対立するもの、特にxenosをすべて排除するべきだという考えに至った。

歴史上初めて、戦争が原因でAdvent Unityに亀裂が生じる。政府軍はTradersに対しての復讐の政策を保ち続け、他のすべての人々をUnityに同化させようと試みる。しかし、Adventの他の人々は内部の腐敗によりUnityが正しい道から外れてしまったと考える。

Vasari Empireに生じた亀裂はそれほど大きくはないものの、国民にとっては深刻な問題だ。Vasariが新しい宇宙へと歩みを進めるにつれ、政府軍は協力を放棄し、必要な資源を何としてでも手に入れる方針を決行する。力を合わせる必要性を感じた反乱軍は、生き残るための唯一の方法は他の種族と手を組み、迫りくる敵から逃げることだと感じ始める。

銀河の究極の覇権争いが「Sins of a Solar Empire: Rebellion」で巻き起こる。リアルタイムストラテジーと4Xジャンル(eXplore, eXpand, eXploit, eXterminate)の奥深さを融合した、スタンドアロンRT4Xゲームが今ここに!

Steamストアより引用

 

受け取り方

  1. こちらから、または、下記のボタンよりサイトを移動しログインします。
  2. ワンスクロール以内に  GET THE GAME  とボタンがあるのでそちらをクリックします。
  3. Subscribe to newsletter(ニュースレターを受け取る)にチェックを入れてから  GET IT NOW  をクリックするとキーの受け取りが行われます。
  4. 右上に現在のログイン名が表示されているのでそちらをクリックしKEYSをクリックします。(アカウントによってはベリファイキーを求められる可能性があるので登録したメールアドレスから確認ください。)
  5. 『Sins of a Solar Empire: Rebellion』と書かれた右隣のフィールドをクリックするとキーが表示されます。(あなたがストリーマーの場合、配信画面にご注意を!
  6. Steamクライアントでにログインし上のメニューバーから”ゲーム”をクリック、”Steamでアイテムを有効化”をクリック、Steamの利用規約をよく読み同意できる場合は”同意する”押し、そこに先ほどのキーを入力または貼り付け後に次へを押すと完了です。
  • もしくは、6番の手順を行わずにキーの隣についている  Redeem  をクリックしそちらから有効化する方法もあります。

SetamキーのRedeemについて(英語:Humble Support)
https://support.humblebundle.com/hc/en-us/articles/204008710-How-To-Redeem-Steam-Keys

 

その他の情報

  • 最低動作環境

最低:
OS: Windows 10 / 8 / Windows 7 SP1 / Windows Vista SP2
プロセッサー: 3 GHz Intel Pentium 4プロセッサーまたは同等
メモリー: 2 GB
グラフィック: ピクセルシェーダー3.0対応の256 MBビデオカード(Radeon X1650 / GeForce 6800*以上)
DirectX®: 9.0c
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ネットワーク: 5 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX対応サウンドカード
追記事項: キーボードおよびスクロールホイール付きのマウス
* NVidiaビデオチップセットはドライバーバージョン296.10以上を使用する必要があり、モバイルカードはゲームのメインビデオチップセットに設定されている必要があります。

Steamストアより引用

GeForce 6800と聞くと「どれだけ未来のグラボなんだ」と突っ込まれそうですが、2004年つまり平成14年に出たグラフィックボードなので当時のゲーミングPC程度の性能がであれば動くということにはなります。もはやシェーダー3.0に対応したモバイルデバイスでもプレイできそうです。

  • 日本語を含む8言語対応
  • マルチプレイ対応
  • メタスコア82、ユーザスコア7.8
  • Steamトレーディングカード対応
  • Steamクラウド対応
  • Steam実績対応
  • 18年07月27日にもアップデートを行われている現役タイトル
  • 2012年6月13日発売

-ニュース, 無料配布 機種:,

Copyright© ゲームダ , 2018 All Rights Reserved.